県内で訪問看護ステーションが将来有望なわけ

老人医療を救え!滋賀県の訪問看護ステーション

トップページへのリンク

このカテゴリーでは、滋賀県における在宅医療の現状や看護師の活躍する場として訪問介護ステーションにスポットを当てています。

滋賀県で働くナースにオススメな訪問看護ステーションという職場

訪問介護をする看護師のイメージ写真高齢化社会が進み、滋賀県でも訪問看護サービスの必要性が高まってきています。

その需要に沿って、サービスを提供する業者も増加しつつありますが、まだまだ世間には認識が浸透していないのが現状です。
特に、訪問看護と訪問介護は名前が似ていますのでよく混同される場合が多いです。

どちらも患者の自宅を訪問してケアを行うことに変わりはないのですが、そのサービス内容には違いがあるので確認しておきましょう。

訪問介護は、主に介護と家事の援助を行うサービスのことで、看護師が同行することはあっても実際の作業はヘルパーが行います。
介護保険範囲内のサービスとなるため、基本的に看護師が医療行為をすることはありません。

一方の訪問看護は、医療行為も含めたケアを看護師が直接行います。そのため、訪問看護師には看護師資格を持った知識と経験の豊富な人材が求められます。
では、滋賀県では、こういった訪問看護サービスについて実際はどのような取り組みが行われているのかをご紹介しましょう。

看護師も注目!滋賀県の在宅医療推進への取り組み

高齢化を超えた、超高齢化社会に突入している日本。
滋賀県ではそんな高齢化社会に対応するため、在宅医療を支える情報基盤を整えて人材育成に取り組むといった医療福祉体制に乗りだしています。

訪問看護ステーションでの看護師の仕事

滋賀県内にも、数多く存在している訪問看護ステーション。
それぞれ特色が見られる職場では、働く看護師の仕事も訪問看護ステーションごとに違いがあるようです。

ゆくゆくは訪問看護ステーションを開業も視野に!

事業所によっては、少人数で運営しているところもある訪問看護ステーション。
自らの資格を活かして独立開業を考える看護師も少なくはありません。

医療と介護の両方を行える訪問看護ステーションの、主となるのが介護保険の収入です。
それを得るためには会社を設立して訪問看護ステーション開業の指定取得を受け、自ら社長に就任する必要があります。
会社経営において、人員確保の問題や周囲とのトラブル回避法のコツについても確認しておくとよいでしょう。

――訪問看護とそれを提供する訪問看護ステーションは、これから必要性が求められることになる事業です。
看護師としてのスキルを活かせるだけでなく、比較的、自分の時間が持ちやすいことから、夜勤や残業が多い病棟勤務が困難な方や育児中の方などから人気が高い就職先です。
何より人から感謝される仕事ですので、やりがいを感じる人が多いようです。